行政書士の定款ドック行政書士による
新会社法の詳しい説明と定款診断
新規に会社を作る場合もご相談下さい。
運営:大谷経営労務管理事務所 東京都品川区東大井5−14−11セントポールビル7階 お電話でのお問い合わせ 平日9:30〜18:00
  03-6712-8889 メールによるお問い合わせ



そもそも新会社法ってなあに?

今までは、会社を設立、運営するには「商法」「有限会社法」「商法特例法」「商法施行法」などのいくつかの法律により行わなければならなかったんです。
このバラバラだった法律を一本化したのが今回新たに成立した「会社法(全979条)」といういわゆる「新会社法」という新しい法律なんです。

新会社法豆知識! → 
今までの商法は大会社を前提とした法律だったんです。
だけれども、日本の会社は株式会社114万社、有限会社189万社、合名会社2万社、合資会社8万社で、その株式会社のうち112万社は資本金3億円未満の中小企業なんです。
このように中小企業が多数を占める現代の会社形態の実情に即したものへと生まれ変わったのが新会社法というわけなんです。

新会社法の目玉はなあに?

新会社法の目玉はというと・・・
1.定款自治の拡張 → 新会社法における定款自治の拡張ってどうゆうこと?
2.有限会社の廃止 → 新会社法が施行されたら有限会社はなくなるの?
3.合同会社、会計参与の新設 → 新会社法における合同会社ってなあに?
4.資本金は1円から → 資本金が1円って?
5.取締役は1人でいい → 新会社法において株式譲渡制限会社ができることって?(その3)

新会社法ってわかりやすくなったの?

今回の大改正に伴い「カタカナ・文語体」であった文体から「ひらがな・口語体」の文体に改められました。
カタカナであることによって法律っぽくはあるんですけど、専門家しかわからないような法律は意味がないですよね。
商法に深くかかわりのある人達つまり、商法が適用される経営者などにとってわかりやすいものでなければならないと思うんです。

新会社法豆知識! → 
民法が先に平成17年4月1日からこれまで「カタカナ・文語体」であった文体を,親しみやすい「ひらがな・口語体」の文体に改めているんです。

新会社法豆知識! → 
「文語体」って・・・「〜なり」「〜けり」「〜べし」とかいう昔の言葉。
「口語体」って・・・現代の言葉。





お電話でのお問い合わせ 平日9:30〜18:00 03-6712-8889 行政書士の定款ドック お問い合わせはこちらから
お問い合わせ・お申し込み

主な営業範囲:大田区、品川区、渋谷区、新宿区、港区、中央区、千代田区、横浜市、川崎市など。
行政書士の定款ドック行政書士による
新会社法の詳しい説明と定款診断
新規に会社を作る場合もご相談下さい。
運営:大谷経営労務管理事務所 東京都品川区大井1-11-1大井西銀座ビルD棟3階 お電話でのお問い合わせ 平日9:00〜20:00